BLOG箱根小涌園ユネッサン
スタッフ ブログ

箱根のユネッサンを日帰りで楽しむプラン4選

ブログ投稿日:2018年10月26日

こんにちは、スタッフのIです。
温泉に行きたい!箱根に行きたい!せっかくだからユニークなスポットに行きたい!
そんな方におすすめなのが、箱根小涌園ユネッサン
水着で男女一緒に楽しめる温泉は、デート家族旅行、小さなお子様連れにもおすすめです。もちろん、“ザ・温泉”という雰囲気の露天風呂が人気の日帰り温泉もあります。
でも、日帰りで行けるのか、はたまた宿泊のほうがいいのか…悩みどころですよね。

今日は、そんな「箱根小涌園ユネッサン」を日帰りで楽しむための、スタッフIのおすすめ4選をお伝えします。


<日帰りで楽しむ箱根小涌園ユネッサン>

1. 朝から「ユネッサン」で水着で遊び、箱根観光のあと「森の湯」で温泉を満喫
自家用車でも、ロマンスカーなどの電車でも、箱根が混雑しない朝のうちの到着をおすすめするのがこちらのプラン。
このプランでは、早めに箱根に到着して9時から水着エリア「ユネッサン」を堪能し、人の流れが落ち着くお昼どきにユネッサンを出発。少し遅めのランチを済ませ、箱根をぐるりと観光し、帰りがけに日帰り温泉「森の湯」へ。
箱根小涌園ユネッサンの入場券は、実は当日に限り再入場OKなのです。だから、朝パスポートで入場したら、もちろん戻ってきてもう一度水着エリア「ユネッサン」で遊んでも大丈夫ですし、帰宅前に日帰り温泉「森の湯」でひとっ風呂浴びるのも問題なし。
>>営業時間・料金はコチラ

2. 箱根観光後、15時から「ユネッサン」で遊び、夕食後に「森の湯」へ
朝からお目当ての観光スポットに行って、観光にランチに、思い切り箱根を楽しんだあとは、15時からユネッサンへ。
15時からの入場限定ですが、入場料が大幅にお得になる「サンセットパス」が15時から利用可能になるので、公式HPの「クーポン」ページからサンセットパスを探して、午後から箱根小涌園ユネッサンを満喫しちゃいましょう。
一口に箱根と言っても、箱根の玄関口「箱根湯本」から一番上の芦ノ湖付近(元箱根や箱根神社)までは、路線バスで30分ほどかかります。
「箱根小涌園」箱根のほぼ中心に位置しているので、箱根のどこに観光におでかけしても、アクセスの相性ばっちりです。
連休などで混雑が予想される期間にも、午後から楽しむユネッサンはおすすめ。さらに、日帰り温泉「森の湯」は20時まで営業(入場は19時まで)しているので、夕食後にゆったりと温泉も楽しめます。
>>お得なクーポンはコチラ

3. 入場せず「箱根小涌園ユネッサン」を楽しむ
「箱根小涌園ユネッサン」には、入場しなくても楽しめるレストランやお土産やさん、季節のイベントがたくさんあります!
レストランは、本格イタリアンの「アンティパスタ」、ランチバイキングの「箱根小涌園 大文字テラス」に、国登録有形文化財のなかで楽しめる蕎麦処「蕎麦 貴賓館」、箱根ホテル小涌園で活躍したパティシエが作る本格ケーキや手作りパンが人気の「箱根小涌園 スイーツ&ベーカリー 」などなど…とーってもいっぱいあるんです!
色々な箱根土産が揃うショップ「ミーオモール」もあるので、お買い物もここでOKです♪
>>レストランなど、施設一覧はコチラ

4. まるっと一日「箱根小涌園ユネッサン」を堪能
せっかくだから、箱根小涌園ユネッサンを隅から隅まで丸一日体験!そんな方もお任せあれ☆
朝から水着で遊んだり温泉でまったりしたり、思い思いに過ごした後のランチは、上でご紹介したレストランのほかに、水着のまま利用できるカジュアルなフードコート「フォンターナ」やクレープが人気の「ひまわり」、さらに森の湯エリアには、ゆったりと落ち着いた和の空間で食事が楽しめる湯上り処「なごみ亭」があります。
ディナータイムには、ちょっと贅沢に鉄板焼きや松阪牛のしゃぶしゃぶを満喫できる「迎賓館」もおすすめです。
また、水着のレンタルや販売もあるので、手ぶらでのご利用もOK!


いかがでしたか?
箱根には行きたいけど、忙しくて宿泊は難しく、できれば日帰りで楽しみたい…。そんな方にも、日帰りで楽しむ「箱根小涌園ユネッサン」を含めた日帰りでの箱根観光はおすすめです☆

次回は、宿泊で楽しむ「箱根小涌園ユネッサン」をお届けします。