BLOG箱根小涌園ユネッサン
スタッフ ブログ

箱根小涌園ユネッサンの温泉をご紹介!

ブログ投稿日:2018年10月22日

おはようございます。
最近、急に寒い日が続いていますね。
寒い日は、温泉が恋しくなりませんか??

箱根小涌園には、温泉施設としてより正確な情報をお伝えするために複数の“温泉ソムリエ”が在籍しています。
今回は、そんな温泉ソムリエでもあるスタッフのIが、箱根小涌園ユネッサンの温泉の魅力をお伝えします!

ユネッサンといえば、水着で入る温泉=プールのようなイメージが強くないですか?
箱根外輪山の絶景を愉しめる、日帰り温泉「森の湯」はもちろん温泉なのですが、実は、プールのように水着で泳げるユネッサンも、温泉なのです!(※ウォータースライダーの「ロデオマウンテン」など一部を除きます)

湯量豊富な温泉地・箱根だからこそできる、温泉で泳ぐという贅沢。
カップルや家族で温泉に行っても、一緒に入れないから楽しくない!と感じていらっしゃるそこのあなた!
ユネッサンなら男女一緒に箱根の温泉を楽しめますよ♪
もちろん、水着で温泉を楽しんだ後は、日帰り温泉「森の湯」でゆったりのんびり、裸で温泉もお愉しみください。

<温泉データ>
泉質 : ナトリウム-塩化物泉(低張性)
泉温 : 72.5℃(貯湯槽/高温泉)
pH   : 6.9(貯湯槽/中性)
適応症:神経痛、筋肉痛、関節痛など

<温泉ソムリエからの一言>
箱根小涌園の温泉の泉質は、「ナトリウム-塩化物泉」。
肌にやさしく、温泉成分がベールのように肌を覆うので、保湿効果、保温効果が高いとされています。また、湯冷めしにくいことから「あたたまりの湯」とも言われる泉質に加え、低張性=湯あたりしにくいので、これからの寒くなる季節にもピッタリの温泉です。
さらに、箱根小涌園の温泉には美肌成分とも言われる“メタケイ酸”という成分が豊富。温泉1kgあたり100mgの“メタケイ酸”が含まれていれば美肌効果が高いといわれているのですが、箱根小涌園の温泉成分表を見てみると、温泉1kgあたりの“メタケイ酸”含有量はなんと240mg!

秋の箱根で、ゆったり温泉に浸かってリラックス、さらには美肌効果も期待できちゃう箱根小涌園ユネッサンに、ぜひお越しください♪

<それぞれの温泉の詳細情報はコチラ>
☆水着で入れる温泉「ユネッサン」屋内エリア
☆水着で入れる温泉「ユネッサン」屋外エリア
☆日帰り温泉「森の湯」